OUR STORY

ラブ・ハピネス協会

コンセプト

命の源である女性の子宮を守るため
ホリスティックケアの推進活動をしております。

活動内容

1 女性の身体・性についてのお悩みを根本からサポート

病気や障害など様々な身体のお悩みの根源は、
実は、全て“心” 。
皆、何かを心の奥にしまいこんでいるため、
身体はそれを外に出して少しでも負担を少なくし助けようとします。
それが身体からの“気付いて”のサイン[病気]です。
私達は、根源である“心”のケアを中心におき、
女性特有の身体のお悩み、人には話しづらい部位や性のお悩みなどを、
幅広い分野を学び経験と実績を代表が、相談会などを通じて解決へと導くサポートをしています。

2 良いものを末永く届けられる環境作り

日本の農業の現状は厳しく、無農薬野菜などの良い作物を作っても、
流通先が確保できずに売ることができないなどの問題があります。
良い作物を作る農家さんへの支援がないままには、良い作物は私たちのもとに届きません。
そのため、持続的に農家さんを応援する取り組みをしています。

3 正しいことを伝え・本物をお届けする

世の中に出回っている化粧品の多くは、さも良いものかのように宣伝、
販売されていますが、それらの大半は実にいい加減な成分でできています。
そういった化粧品を頭皮やお肌に使用しつづけ、体内に吸収された不純物は、
子宮に大きな影響を与えると言われています。
大切な身体に使う化粧品ですから、正しい知識を持ち、
肌に塗るものなどへの意識をひとりひとりが変えられるような環境作りが必要だと考えております。
安心して使える商品とともに、正しい知識をお伝えしています。

4 命を繋げる身体磨き

命を繋げる身体を作るには、まず自分の身体を愛し身体に感謝を届けなくてはいけません。
身体は両親からの愛のプレゼント。
容姿は内面の一番外側。。
当協会は美容に特化したスペシャリストを揃え、
身体を作る施術やケアにより
身体の内側と外側の両側からサポートしていきます。

ご夫婦でされている小さな農園は全国各所にあります。自然栽培に真剣に取り組んでいつつも、その難しさに耐えながら栽培を続けています。しかしながら、日本の農業の現状は厳しく、作っても売れないことが多いことが現状です。そのような方への支援がないままには、良いものが私たちのもとに届きませんし、もちろん健康的な身体のケアはできません。

そこで、弊社では、ホーリーバジルや自然栽培の取り組み等で、農家さんの商品を活用する以外にも、商品代金の一部を寄付する事で持続的に、農家さんを応援する取り組みをしております。この活動は、日本の農業の形に新しい布石を打つことになるでしょう。

生産者に伝えたい感謝の気持ちを形にします

”御馳走様”を大切にするために

ごちそうさま。という言葉にあるように、この言葉は、昔作物を作ってくださった方や、それをここまで運んでくださった人に対して感謝をする言葉です。そういう意味で、ご馳走さまという言葉は重要な意味があります。そこで、言葉はもちろん大事と理解した上で、弊社はそれを生産する農家さまに対して、還元する取り組みを始めるに至りました。

内の美のために、感謝を形に

いただきますの真価

皆様がご存知のように、いただきますとは、生命に感謝する言葉です。いただきますとご馳走様で、いただく命と運んでくださった方に感謝する一対の言葉です。実はこれだけでは、不十分です。いただいた命を、善いこと美しいことに使うことで初めて、いただいた生命が活かされるのです。決して、頂いた命で悪事を働いてはいけません。弊社では、いただきますとご馳走様の本当の意味を理解し、商品開発に努めています。